まんこが臭い人のための対策情報サイト

まんこが臭い人のための対策情報サイトです。しっかり対策しましょう。
MENU

まんこが臭い人のための対策とは

まんこが臭いというのは、少し臭う程度なら健康で普通です。
つまりまんこは無臭ではなく、少しは臭いがあるのが普通です。
しかし、せっかくの健康的なにおいもビデの使いすぎや汗が蒸れる下着、
石鹸に入っている成分の影響で、強い嫌な臭いになることがあります。
また、そうではなくまんこが臭くなる場合がありますが、強い臭いは原因があります。

 

まんこが臭いときは感染症を疑う

まんこが臭い時は感染症に罹っていないかどうかを調べましょう。
感染症は性病の一種であるカンジダ膣炎や
雑菌によるバクテリア感染などさまざまですから、
まんこが臭い原因が感染症によるのかどうかを知るために婦人科で調べてもらいましょう。

 

感染症が原因の場合の判別基準

まんこから白い塊のおりものがたくさん出るのはカンジダ膣炎です。
もちろん婦人科でクスリを処方してもらえますが、
ドラッグストアなどでも薬を買うことができます。

 

またトイレでのエチケット・常識を守っていない場合、
雑菌によるバクテリア感染の可能性があります。
普通の場合はまず考えられませんが、トイレで用を足す際に後ろから前へ拭くと、
膣内にバクテリアが入り込んで感染症を引き起こすリスクがあります。

 

 

性病に罹るとまんこが臭くなる

先にカンジダ膣炎について触れましたが、女性が罹る性病はたくさんあります。
まんこが臭くなる性病の主なものは、カンジダ膣炎以外に、クラミジア頸管炎、
トリコモナス膣炎、淋病などで、いずれも共通しているのはおりものの異常です。

 

ですから、おりものの色がおかしい、量が増えたなどは要注意で、
さらに痒みや痛みなどが感じられる場合はいずれかの性病に罹っている可能性が大です。

 

この場合は自分だけの問題ではなく、パートナーや家族にも影響がありますから、
必ず婦人科で診察を受けましょう。
ただし、これら以外の原因でまんこが臭いこともありますから、
まんこが臭いからと言って必ずしも性病と断定はできません。

 

まん臭のニオイを抑える|アンダーヘアの正しい処理方法

まんこが臭い場合は、アンダーヘアの手入れも大切なニオイ対策となります。
尿の残りや雑菌が繁殖しているので、ニオイの元になってしまうのです。

 

ただ、アンダーヘアの手入れをしたいが、どうすればいいのか
分からない人は少なくないようです。
人に相談しにくいのがアンダーヘアの処理方法で、
自己流でおこなうと黒ずみや肌荒れになります。
ここでアンダーヘアの正しい処理方法を教えます。

 

アンダーヘアの処理方法は2種類

アンダーヘアの処理方法はセルフ処理と脱毛です。
セルフ処理はカミソリやシェーバーで剃ったり、ピンセットを使う、
あるいは除毛クリームやワックスを塗るとか、家庭用脱毛器やヒートカッターです。
セルフ処理は無理とか、キレイにしたい場合は脱毛サロンの光脱毛や
ブラジリアンワックス、あるいは皮膚科などでの医療レーザー脱毛があります。

 

おすすめのアンダーヘア処理方法は医療レーザーと光脱毛

キレイな仕上がりと肌への負担が少ないのは、医療レーザー脱毛、
または光脱毛がおすすめです。
また、ヒートカッターは毛の長さを調整する点では適しています。

 

アンダーヘアのセルフ処理

アンダーヘアのセルフ処理にはカミソリやシェーバーで剃毛をするのですが、
メリットは手軽で簡単なことと、広範囲を一度に処理できることです。

 

しかし、脱毛ではないので、すぐに毛が生えてきますし、
注意しないと肌の角質まで剥がしてしまう、カミソリ負けがあり、
頻繁におこなうと色素沈着が起きることがあります。
この場合、適切なクリームなどでのアフターケアが必要です。

 

アンダーヘアの毛抜きやワックス、除毛クリームでの処理

アンダーヘアを毛抜きやワックスで処理すると、やや脱毛に近いので、
毛がまた伸びてくるまでの期間が長いのですが、
デメリットは処理の際にかなりの痛みがあることと時間がかかることです。

 

除毛クリームでの処理はクリームを塗るだけなので手軽ですが、
肌にダメージがあることと、すぐに毛が生えてくるデメリットがあります。

 

ヒートカッターとワックスでのアンダーヘア処理

ヒートカッターは熱でヘアカットをしますが、簡単で肌への負担はありません。
ただし毛を短くするだけです。
ワックス脱毛は粘着性ワックス剤を塗って毛を抜く方法ですが、
痛みや肌へのダメージが大きく、埋没毛ができることがあります。

 

医療レーザー脱毛と光脱毛

医療レーザー脱毛は医療機関でおこないますが、永久脱毛が可能と言われ、
確実にムダ毛を処理し、肌へのダメージがほとんどありません。
ただし間隔を置いて数回の通院が必要で、費用もそれなりにかかります。
光脱毛はエステティックサロンや脱毛サロンで行われる脱毛方法で、
医療レーザーよりも簡単ですが、頻繁に通わなければならず、永久脱毛は望めません。

 

どのようなアンダーヘア処理方法がいいのか?

アンダーヘアの処理方法はこのようにいろいろですが、
おすすめは永久脱毛が可能な医療レーザー脱毛と言えそうです。
なお、アンダーヘアの手入れは美容面と同時に衛生面からも必要ですが、
セルフ処理ではリスクをきちんと理解しましょう。

 

まんこが臭い場合は、まずは手軽にできるデリケートゾーンのアンダーヘアから、
お手入れを実践してみるのもいいでしょう。

更新履歴
このページの先頭へ